top of page
  • 執筆者の写真Kiyoyasu Takechi

IB Economics における勉強法と試験対策

更新日:2023年10月22日

今回の記事では、IB Economicsにおける勉強法と試験対策について触れようと思います。

IB Economcisは世界中でも履修者数が多く、人文科学系では人気の履修科目となっています。2年間のコースを通して、ミクロ経済、マクロ経済、国際経済の基本を学びます。内容自体はそこまで難しくないのですが、効率の悪い勉強法で学習してしまうと、良い成績が残せないことも多いです。高校時代の勉強法を振り返り、どのような試験対策を行うと、好成績を収めることができるかについて論じたいと思います。



一つ目の試験対策としては、過去問題をたくさん解くということです。これはIB Economicsに限らず、他の科目に共通して言えることだと思います。過去問題を解くことで、問題形式に慣れることは勿論、頻出するトピックを見つけ出すことで、シラバスの中でも特に復習すべき内容を探し出すことができます。さらに、模範解答と自分の解答を照らし合わせることで、正答として認められるにはどのような記述をすれば良いのかが見えてくるでしょう。記述問題の模範解答は詳細に書かれているのですが、短編、長編のエッセイの模範解答は曖昧だという特徴があります。エッセイの添削などは、学校の先生や塾の講師に頼むことで、より具体的な添削を受けることができます。当塾では、詳細な添削と分かりやすい解説を心がけています。


二つ目の試験対策として、経済に関する記事を読むことです。新聞記事を読むことで、経済理論と実際に起きている経済事象を比較し、理論の妥当性を検証できます。例えば、金利を下げると一般的に経済成長すると言われていますが、他の要素が経済成長を阻害するので必ず理論通りになるとは言えません。実際の事例をエッセイに組み込むことで、考察の質をあげ、より学問的なエッセイを完成させることができます。ニュース記事に触れることは、経済理論の妥当性を確かめる点、そして考察の質を向上する点で有効だと言えます。英文の記事で言うと、The Economist や Financial Times, 和文の記事で言うと日本経済新聞がおすすめです。


最後の試験対策として、エッセイを書き、先生や講師にフィードバックを求めることです。IB Economicsの試験の形式の特徴として、エッセイの配点が記述問題と比べて、非常に高いです。そのため、エッセイの書き方をあらかじめ学習しておくことは、試験での合計点を押し上げることにつながります。私の高校時代の先生は、エッセイを試験までにたくさん書くことを推奨していました。勿論任意の提出ではあったのですが、やはりエッセイを多く書いていた人ほど、最終成績は良かったです。エッセイを書くことは、複雑な理論を整理することや、ダイアグラムの書き方を復習することになるので、学習内容を満遍なく復習することができます。エッセイを執筆することが、良い成績を残すという意味では、一番有効だと思います。





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Digital SAT - 従来のSATからの変更点

これまで対面でのみ受験できたSATですが、今年の3月からオンラインで受験できるようになりました。今回の記事では、従来のSATからの変更点とそれに伴い、どのような対策を講じるべきかについて論じたいと思います。 オンラインでの受験が可能になると、自宅で受験できるようになると考える方も多いと思いますが、これは間違いであくまで試験会場にて電子機器を使用した受験方法が可能になったということです。以前と変わら

TOEFL iBT - 新形式の変更点

TOEFL iBTの形式が今年の7月に変更になり、幾つかの変更点があります。本記事では、変更点の説明とそれに基づく対策方法について考察しようと思います。 最初の変更点は、ダミー問題の撤廃です。TOEFLでは今までリーディングがリスニングセクションのどちらかにダミー問題が仕掛けられていました。ダミー問題とは、解いてもスコアに反映されない試験問題を指します。7月以降はこのダミー問題が無くなり、解いた問

書類選考入試の準備

今回の記事では、日本の大学への出願方式の一つである書類選考入試について解説していこうと思います。 書類選考入試とは、名前からも分かる通り書類の情報のみを用いて合否が決まる試験方式です。秋入学の大学学部の試験方式として使われることが多く、試験スコアや学校での成績、志望理由書などをオンライン上でアップロードしたり、郵送したりすることによって出願プロセスが完結します。 書類選考入試では学校での成績、TO

Comments


bottom of page