top of page
  • 執筆者の写真Kiyoyasu Takechi

海外での学校決め - 何を優先すべきか -

更新日:2023年10月22日

海外在住の保護者様が抱える悩みの一つが、どのような学校で子供に教育を受けさせるかということだと思います。現地校やインターナショナルスクール、日本人学校など様々な選択肢が存在する中で、選択肢があり過ぎるがゆえに迷うことも多いのではないでしょうか。今回の記事では、お子様の進学を考える上で重要なフレームワークを紹介したいと思います。


子供の夢や目標を考慮する

最も明白なのは、子供の夢や将来成し遂げたい目標と照らし合わせることです。インターナショナルスクールと日本人学校は対極の教育システムであり、得られるスキルも異なります。中々難しいことかもしれませんが、子供が将来どのような職業やキャリアを歩むのかを最初に考え、そこで必要なスキルを身につける上で、どちらの教育システムが有効かを判断すると良いかもしれません。例えば、お子様が日系企業で働きたいという願望があるのなら、日本語でのコミュニュケーションや上下関係、マナーなどを学ぶのが重要でしょう。そうなると、日本の教育システムに近い日本人学校で学ばせるのが好ましいと思われます。逆に、多国籍企業で働くことを目標としているのならば、学生時代に海外での暮らしや他人種の価値観を学ぶことに意味があるでしょう。よって、子供の夢やキャリアを前提として、そこで必要なスキルを考慮し、教育システムを選ぶのが一つ目のフレームワークです。


子供の性格と教育システムの特徴を比較する

学校を決める上で考慮する一つのポイントは、子供が実際に通う学校に馴染めるかどうかではないでしょうか。日本人学校とインターナショナルスクールの最も大きな違いは、生徒の積極性です。インターナショナルスクールでは生徒が教師の説明を遮ってまでも発言をすることが求められます。さらに、そのような発言をすること、より詳細な説明を求めることは、教師からの信頼や高い評価につながります。日本では、教師の授業を予定通りに円滑に進めることが重要とされており、質問などは授業後に行うのが一般的です。逆に授業内で発言することは、授業を進行する上で妨害とみなされると思います。私も、最初にインターナショナルスクールに転校したときは、この違いに驚き、慣れるのにも時間がかかりました。確かに慣れれば良いという話なのですが、子供によっては異なる授業形式に順応するまでに膨大な時間を要し、特定の教育システムで学ぶことのメリットを享受できないこともあります。受験までの時間や子供の順応能力の有無などを検討し、適当な教育システムを選ぶことをお勧めします。


今回の記事では二つのフレームワークを紹介しましたが、他にも様々なことを考慮する必要があると思います。重要なのは、一つの側面から教育システムを選定するのでは無く、総合的にどの教育システムが子供に適しているのかを考えることです。


https://erig.site(ぜひ、当塾のウェブサイトをご覧ください!)



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Digital SAT - 従来のSATからの変更点

これまで対面でのみ受験できたSATですが、今年の3月からオンラインで受験できるようになりました。今回の記事では、従来のSATからの変更点とそれに伴い、どのような対策を講じるべきかについて論じたいと思います。 オンラインでの受験が可能になると、自宅で受験できるようになると考える方も多いと思いますが、これは間違いであくまで試験会場にて電子機器を使用した受験方法が可能になったということです。以前と変わら

TOEFL iBT - 新形式の変更点

TOEFL iBTの形式が今年の7月に変更になり、幾つかの変更点があります。本記事では、変更点の説明とそれに基づく対策方法について考察しようと思います。 最初の変更点は、ダミー問題の撤廃です。TOEFLでは今までリーディングがリスニングセクションのどちらかにダミー問題が仕掛けられていました。ダミー問題とは、解いてもスコアに反映されない試験問題を指します。7月以降はこのダミー問題が無くなり、解いた問

書類選考入試の準備

今回の記事では、日本の大学への出願方式の一つである書類選考入試について解説していこうと思います。 書類選考入試とは、名前からも分かる通り書類の情報のみを用いて合否が決まる試験方式です。秋入学の大学学部の試験方式として使われることが多く、試験スコアや学校での成績、志望理由書などをオンライン上でアップロードしたり、郵送したりすることによって出願プロセスが完結します。 書類選考入試では学校での成績、TO

Comments


bottom of page