top of page
  • 執筆者の写真Kiyoyasu Takechi

事業計画を実現するには - ERIGとしての活動 -

更新日:2023年10月22日

最近は、記事を何本か書こうとするのですが、中々良い案が出ないのと事業主として事業を始めるために必要な書類を確認したりと、忙しい日々を送らせてもらっています。今日は、当塾をより知ってもらうため、そして私の頭の中を整理するために、事業計画について触れようと思います。今日の記事は、学習系の記事では無いので、興味のない方は読み飛ばしていただいて結構です(笑)。


当塾のウェブサイトに行き着くと、一番初めに見えるのがERIGの名前の由来です。E, R, I,  G それぞれのアルファベットに事業理念が組み込まれています。その中でも今回は、Rにあたる「教育を通しての社会問題の解決」について書きたいと思います。


これは日本の課題に限らず、万国共通の課題ではあると思うのですが、地域格差と教育格差、それらが形成する経済格差の現状が深刻であるようにに思えます。教育業界における授業料のインフレは激しく、低所得の家庭が学習塾などでの補習授業を受けることができない現状があります。個人的な見解にはなるのですが、幾つかの学習塾や教育サービスでは授業料と講師に支払われる給与の乖離が激しく、利潤に重きを置きすぎているように感じます。この現状によって、保護者がインターネットで教育塾を探索せず、子供たちが補習塾などに通わないことの一因になっているのではないかと考えます(推測1)。なので実際には経済的に教育塾に通わすことが可能でも、教育塾の授業料の高騰がステレオタイプとして偏在し、「子供たちに良質な教育を提供したい」という保護者のやる気を削いているのではないかと思います。結果的に、教育の機会が平等に行き渡らない現状に至っているの


この推測に気が付いたのは、宣伝活動について考えていたときでした。どうしても事業理念の実現と宣伝活動を結びつけることが出来ず、苦労していました。オンラインでの集客では、世間でよく言われる「意識高い系の保護者」しか集めることが出来ず、事業理念として掲げている「格差の是正」を実現することが難しいのではと思ったのです。低所得世帯にもも良質の教育を普及する(機会の平等)を達成することで、自然に格差の是正(結果の平等)のではないかと考えます。さらには、実は教育機会(塾などの補習を受けることのできない)学生ほど、劣等感を感じやすく、海外での生活やグローバル人材として働くことに憧憬の念を抱いているのではと思うようになりました(推測2)。英語教育の需要が高い地域にアプローチすることは、相互的な便益に繋がり、更なる教育業界の発展に近づくのではないでしょうか。


推測1と推測2によって、オンラインでの集客や宣伝活動が事業理念に即さない気がするので、実際に対面で会って、宣伝に注力したいと思います。そもそも推測1と推測2が正しいのかすら分からないので、実際に色々な場所に出向いて、お話を伺おうと思います。








閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Digital SAT - 従来のSATからの変更点

これまで対面でのみ受験できたSATですが、今年の3月からオンラインで受験できるようになりました。今回の記事では、従来のSATからの変更点とそれに伴い、どのような対策を講じるべきかについて論じたいと思います。 オンラインでの受験が可能になると、自宅で受験できるようになると考える方も多いと思いますが、これは間違いであくまで試験会場にて電子機器を使用した受験方法が可能になったということです。以前と変わら

TOEFL iBT - 新形式の変更点

TOEFL iBTの形式が今年の7月に変更になり、幾つかの変更点があります。本記事では、変更点の説明とそれに基づく対策方法について考察しようと思います。 最初の変更点は、ダミー問題の撤廃です。TOEFLでは今までリーディングがリスニングセクションのどちらかにダミー問題が仕掛けられていました。ダミー問題とは、解いてもスコアに反映されない試験問題を指します。7月以降はこのダミー問題が無くなり、解いた問

書類選考入試の準備

今回の記事では、日本の大学への出願方式の一つである書類選考入試について解説していこうと思います。 書類選考入試とは、名前からも分かる通り書類の情報のみを用いて合否が決まる試験方式です。秋入学の大学学部の試験方式として使われることが多く、試験スコアや学校での成績、志望理由書などをオンライン上でアップロードしたり、郵送したりすることによって出願プロセスが完結します。 書類選考入試では学校での成績、TO

Comentários


bottom of page